真菌をわかりやすく言うと「カビ」のことです。抗真菌薬は真菌を死滅させるためのお薬です。身近な病気としては水虫なども抗真菌薬が用いられます。当サイトでは抗真菌薬について詳しく解説いたします。

足の裏にも潜むカビ

抗真菌と健康な爪について

抗真菌薬として、代表的なものに、水虫の抗真菌薬があります。

水虫は、夏場や春、またはじめじめした場所が大好きで、冬などにはあまりかかる人はおられませんが、暑い季節などになると、急激に増える病気の1つです。

水虫は、ある日突然、かゆみが足に違和感がある、臭いにおいがする、などの違和感を感じ、そして足の爪などを見たところ、酷い状態になっていた、ということがあります。

健康な足の爪の場合には、とてもきれいで、水虫がいるようには見えません。

また、水虫が足の裏などに出来た場合にも、水虫が爪まで浸食していない場合には、健康な爪のように見えることがあります。

しかし、足の裏などにすでに、水虫がいる場合、皮などが少々むけていたりかゆみなどが出ている場合があります。

健康な人の場合でも、水虫にかかることはよくあることであり、上記のような夏場や春になると患者さんが急激に増えるのと同時に、家族に水虫の方がおられると、タオルなどを媒介として、被害が広がってしまうこともあります。

このような爪に異常なまでのひび割れや一見しただけでも異常とわかるような、汚い状態に、爪がなってしまっている場合には、水虫である可能性が大変に高いため、皮膚科などを訪れて、水虫の治療をおこなっていく必要があります。

治療の際には、水虫の抗真菌薬が処方され、あまりにもひどい場合には、通院がなんどか必要となり、また、日常生活で使っている靴やくつしたなどにも、アドバイスがされます。

水虫は、誰もが一度は経験したことがあるような病気の1つですが、状態が悪くなると、このようにひび割れたような汚い爪になってしまったり、感染が拡大してしまう、怖いものでもあります。